性病検査キット

性病検査キット

性病検査キット 正確性

読了までの目安時間:約 8分

性病検査キット 正確性

郵送タイプの性病検査キットは料金的にも病院に比べるとリーズナブルなことが多く、メリットも多数あります。

 

郵送タイプの性病検査キットのメリット

  • 診察台で病院で検査は恥ずかしい。
  • 病院と比較し、自分の検査したいときに検査できる。
  • 誰にも知られずに匿名検査ができる。
  • 手軽に検査できる。
  • 保険証が必要ない。

 

ここで気になるのは自分で検体を採取するのでその正確性。郵送タイプの検査キットは、登録衛生検査所というところに採取した検体を送付し検査を行います。この登録衛生検査所で専門の方が検体をチェックし結果を判定してくれます。登録衛生検査所とは、各都道府県知事から認可をえて運営している検査所です。

 

個人の病院などは自分で高価な検査機器などの検査体制を整えることが出来ません。その為、病院などでも性病検査などは検体採取後、登録衛生検査所へ委託し検査するといった方法をとります。その為、自社で検査所を持っているような一部の大きな病院を除けは、郵送タイプの性病検査キットは自分で検体を採取するといったところ以外は、病院と検査方法や結果が変わらないという事になります。

 

病院であれば、医師などが診察や検査を行ってくれるので正確性や信憑性は安心できます。そして何より陽性であった場合の対応がスムーズです。しかし、性病に感染しているかしていないかの判断を行うのであれば、私は病院の上記の様なデメリットを考えると郵送タイプの性病検査キットで十分だと思います。

 

 

性病検査キット 正確性に関する注意点

病院であれば、医師が適切な性病検査を行ってくれます。

 

しかし、郵送タイプの性病検査キットを利用する際は、自己判断で検査を行う必要があります。その為、検査するときにはいくつかの注意点があります。

 

まず、性感染症の感染が疑われる行為があった直後の検査では正しい結果がでない場合があるという事です性行為などの感染が疑われる行為があった直後の性病検査キット活用はNGです。これは病院などの検査でも同じです。

 

その理由は、性感染症には潜伏期間というものがあるためです。この潜伏期間中に検査しても正しい検査結果を得ることができません。検査方法等によっても前後するかもしれませんが、おおよそ下記程度の潜伏期間があると言われています。しかし、性病の潜伏期間はについては情報元や医師などによっても異なるため参考程度にして頂ければと思います。郵送検査の性病検査キットを活用する場合は、そのメーカーサイトなどにもどの程度の期間を空けて検査するのが適切か記載がありますのでそちらも参考にしていただければと思います。

 

性感染症の潜伏期間の目安

  • 性器クラミジア・・・感染が疑われる行為から、 1-2日後
  • 性器淋病・・・・・・感染が疑われる行為から、 1-2日後
  • 梅毒・・・・・・・・感染が疑われる行為から、 1-2ヶ月経過後
  • トリコモナス・・・・感染が疑われる行為から、 1-2日後
  • 性器カンジダ症・・・随時検査可能
  • HIV・・・・・・・・感染が疑われる行為から、 3ヶ月経過後
  • B型肝炎・・・・・・感染が疑われる行為から、 2-3ヶ月経過後
  • C型肝炎・・・・・・感染が疑われる行為から、 3ヶ月経過後
  • 咽頭クラミジア・・・感染が疑われる行為から、 1-2日後
  • 咽頭淋病・・・・・・感染が疑われる行為から、 1-2日後

 

性病検査キット 正確性 偽陽性

性病検査には、偽陽性と言われる検査結果があります。当然この場合は陽性として報告を受けます。

 

例えば、クラミジアを例にとると、クラミジアの検査には抗原検査と抗体検査という方法があります。

 

クラミジア抗原検査

病原体そのものを検査する方法です。その為、陽性反応が出ればクラミジアに感染しているという事になります。この抗原検査の欠点は検査した個所しかクラミジア感染の検査ができないことです。クラミジアは咽頭や性器、子宮頚管や卵管、腹腔内など様々な場所へ感染します。その為、咽頭のみの検査ではその他の場所が感染していても陰性の反応になってしまいます。

 

◎性器クラミジアの抗原検査方法

男性・・・・・尿検査

女性・・・・・子宮頚管からの擦過物や膣からの分泌物を検査

 

◎咽頭クラミジア

男性・女性ともに、うがい液やのどのぬぐい液を検査

 

 

クラミジア抗体検査

抗体検査とはクラミジアの病原体そのものを調べるものではなく、抗体があるかどうかを確かめる検査です。抗体は病原体に感染すると身体が作り出す免疫物質のことです。その為、過去にクラミジアに感染したことがあり抗体が残っていると現在感染していなくても陽性の反応が出てしまいます。

 

クラミジアの抗体が無くなるのには個人差があり、長い人では10年や一生抗体を持ち続ける人もいるそうです。クラミジアの抗体検査は現在クラミジアに感染しているかどうかを判断するには不向きな検査です。また、抗体ができるまでの時間にも個人差があり、数か月かかっても抗体ができない人もいるそうです。

 

このように検査方法などを理解して検査を受ける、そして結果を確認する事は大切です。

 

 

HIV検査などを見ても偽陽性の検査結果が出ることはあります。

スクリーニング検査が陽性だった人で真の陽性の確率は23%だそうです。

検査の方法などによっても異なりますが下記程度の偽陽性が発生するとのデータがあります。

 

・保健所検査の受検者における感染者の割合はおよそ0.3%の偽陽性が発生

・通常のスクリーニング検査試薬を用いた場合は、およそ0.3%の偽陽性が発生

・迅速スクリーニング検査試薬を用いた場合は、およそ1%の偽陽性が発生

 

偽陽性について話をしましたが、偽陰性という怖い結果も100%ないとは言い切れないようです。HIVの偽陰性の確率は250万分の1程度とのこと。滅多なことでは起こりませんがなんでも100%という事はなかなか無いので過剰に心配する必要もありませんが、心には止めておいてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
タグ
メタ情報